技術サポート

返金・キャンセルのルール

返却レバーの機能

返却レバーの種類には回転式と押しボタン式があり、用途によって使い分けています。返却レバーは乱雑に扱われる為、特に構造が複雑な回転式の場合には強度が求められます。返却レバーの機能には大きく分けて2つの働きがあります。

  1. 硬貨がアクセプタ内に詰まった場合、返却レバーでアクセプタ内の通路を広げて硬貨を返却口へ排出します。
  2. 決済中断を返却レバーで行います。決済中断の処理は返却レバーが押されるとコインメックが信号を出力します。投入した硬貨や紙幣を戻す処理は、上位側のプログラムで用意する必要があります。
  3. 高額紙幣対応の還流式紙幣識別装置(リサイクルビルバリ)も同様に決済中断の処理を行った際には、投入した紙幣を戻さなければなりません。したがって還流式紙幣識別装置の仕様によっても変わりますが、必ず各紙幣の最大入金枚数の制限が必要になります。

コインメックの返金(返却)機能

コインメックは、10円硬貨・50円硬貨・100円硬貨・500円硬貨それぞれの最大投入枚数が決まっており、返却レバーの操作によって投入されたすべての硬貨を確実に返却します。

メーカーや機種ごとに最大投入枚数が異なるため、注意が必要です。必ずメーカーの仕様書をお確かめください。

電子セレクターや機械式(振子式)セレクター、比較式セレクターには返金(返却)機能がありません。 硬貨投入最中に、投入金額と表示されている金額が違う、余分に硬貨を投入してしまったが返金されないなどのトラブルを防ぐ意味でも返金(返却)機能が必要です。

ビルバリの返金機能

ビルバリは通常、紙幣1枚のみを受け付けるため、返金する枚数も1枚です。しかし、中には紙幣の連続投入が可能な機種もあり、エスクロ機能を使う場合は最後に投入した紙幣しか返却されません。それ以前に投入した紙幣は、スタッカーに格納されてしまいます。その金額分はコインメックの500円硬貨で返金します。 しかし、チューブ内に500円硬貨が何枚残っているかによって、受け入れ可能な紙幣の枚数は変わってきます(※ コインメックのカセットをはずしたり、電源をON/OFFした場合には、枚数はリセットされます)。

高額紙幣対応の還流式紙幣識別装置(リサイクルビルバリ)を使った場合には還流部の紙幣で返却が可能になります。しかし、1金種還流や2金種還流の機能を有した紙幣識別装置でも高額紙幣の枚数を制限する必要があります(重要)。3万円以上で使う場合には4金種還流の紙幣識別装置、又は1万円紙幣が還流可能な紙幣識別装置が必要になります。

オクトは日本コンラックス・富士電機製機器の販売代理店です。

当社の課金制御基板(CBEZ-ProCBEZ-ColumnCBEZ-StandardCBEZ-Mini)と同時にコインメック、ビルバリをお求めになられるお客様には、お得なセット価格をご用意しております。

コイン投入口等のアクセサリ類、制御基板や課金BOX等をオンラインでご購入いただけます。