課金筐体 開発 Q&A

エスクロ機能

コインメックの現物エスクロ機能とは

投入された100円硬貨や500円硬貨を釣銭用のチューブ内に回収する前に、いったんアクセプタ(硬貨選別機)内に保留しておく機能をエスクロ機能といいます。返金要求があった場合にはその保留した硬貨から優先して返金します。

かつて、日本の500円硬貨とよく似た、韓国の500ウォン硬貨を使った不正がしばしば行われていました。重さを調整した500ウォンを投入し、返却レバーを押して500円を出すという手法でした。「入れた硬貨をそのまま出す」というエスクロ機能によってこの手の被害が激減したといわれています。

このように偽造硬貨対策に有効とされているエスクロ機能ですが、必ずしも良い点ばかりではありません。デメリットを以下に挙げてみます。

  • 保持できる枚数に限りがあるため、一定の枚数を超過すると硬貨が入っても返却口に戻ってしまう
  • エスクロ機能がないものに比べ、処理スピードが落ちる。処理しきれなかった硬貨は返却口に戻されてしまう

  • よって、100円硬貨を4枚以上・または500円硬貨を3枚以上入れる可能性がある場合や、連続投入のスピードが速い場合は、エスクロ機能なしのコインメックを選ぶ必要があります。

    ビルバリの現物エスクロ機能とは

    受け入れた千円紙幣をスタッカーに収納せず、いったんビルバリ内に保留しておく機能です。返金要求があった場合にはその保留した紙幣から優先して返金します。

    エスクロ機能がないビルバリの場合、入れた千円札は必ず硬貨で返金します。つまり、現物エスクロ機能がなければ両替機と同じような機能を有してしまうので、注意が必要です。

    動作原理

    ①紙幣を紙幣挿入口に挿入すると内部モータが回転し、紙幣は矢印の方向に自動搬送されます。

    ②真券と判定されると紙幣はエスクロ部で保留され、同時に受入金額を主制御部に通信します。

    ③収金指令が入力されるとエスクロされた紙幣はスタッカー部に収納されます。

    ④返金指令が入力されると、エスクロされた紙幣は紙幣挿入口まで返却されます。




    オクトは日本コンラックス・富士電機製機器の販売代理店です。

  • 当社の課金制御基盤(CBEZ-ProCBEZ-ColumnCBEZ-StandardCBEZ-Mini)と同時にコインメック、ビルバリを お求めになられるお客様には、お得なセット価格をご用意しております。



  • コイン投入口等のアクセサリ類、制御基盤や課金BOX等をオンラインでご購入いただけます。