知識と経験を活かした
「現場力」から生まれる
オクトの「ものづくり」

  • FA-422U
  • FA-USB20
  • 自動返却ユニット 返却レバー

自社開発製品

複雑な設計が簡単に!

オクトでは、長年の経験と技術やノウハウを生かした自社開発製品を提供しております。

詳しくはこちら
  • CBEZ-Standard
  • CBEZ-Pro

セレクションガイド

どの基板を選べばいいのかお悩みの方に!

使用金種や制御方法など、お客様の使用条件からどの基板が合うのか、こちらの一覧表からお選びいただけます。

詳しくはこちら

Our Company

新しいアイディアを
カタチにする想像力

映画館でのチケット発券、空港での外貨両替、ICチャージ機で現金チャージ、QRコードを使ったスマホ決済...
わたしたちは、日常をちょっと便利にする、そんなモノづくりを一人一人がスペシャリストとしてカタチにしている会社です。

〉 詳しくはこちら

どの基板を選べばいいのかお悩みの方に!

OurCompany

News

出典:財務省ウェブサイト
日本における変造500ウォン問題から、新500円貨幣は従来の白銅貨から二色三層(バイカラー・クラッド)に変わることでこの問題を解決する意味もあるようですが、新500円貨幣の発行は2021年度上期と新紙幣より3年早く刷新されることになるようです。過去には、2000年8月にデザインと材質を変更したニッケル黄銅貨幣の2代目500円貨幣が登場した時は発表が1ヵ月前でしたので今回も正確な発行時期はわかりません。
現在、日本コンラックス製新500円貨幣対応のコインメック(CLX-G241、CLX-G216、CLX-V231)、富士電機製新500円貨幣対応のコインメック(FDVT451BW1)の注文受付を開始しています。また、改鋳(新500円)に伴うプログラムの書換・検査のスケジュールに関しても受付を始めている機種もありますので、詳しくは弊社迄お問合せ下さい。お問い合わせは 》こちら

※現在お持ちのコインメック・ビルバリが他社製品に内蔵されていたり、専用の窓口がある場合には、販売や修理、プログラムの書換・検査ができません。(部品等を含む)
※基本的には個人への販売はできません。法人や公共機関などが対象となります。

また、財務省は千円、五千円、一万円の紙幣を2024年度上期に一新すると発表しました。 今回は、世界初となる偽造防止技術も採用しますので心配されるのが、ビルバリ(紙幣識別装置)やリサイクルビルバリ(紙幣還流装置)の新札対応です。
詳しい情報が入り次第順次お伝えいたします。

オクト新製品「自動返却ユニット 返却レバー」詳しくはこちら 

受注販売開始

詳細はこちら お問い合わせは 》こちら

Business

開発
製品
EC-CUBE

OCT888.com

取扱商品:課金制御基板、筐体、課金装置、電源、筐体用パーツ

基本的には個人への販売はできません。法人や公共機関などが対象となります。

ticktouch ticktouch