無人精算機トップ画像 無人精算機トップ画像スマホ用

非接触 で安心。
非対面 が便利。

お客様自身で精算機に商品バーコードをかざしてセルフ決済できるので
スタッフのいない無人店舗でも24時間365日使える

セルフ決済にすることで現金管理や売上管理もラクラク。
違算の心配や煩わしい集計作業の負担をグッと軽減。

ユー・スキャンシリーズはこれからのお店の在り方をサポートします。

特長
Feautures

01

精算機と商品の連携は簡単。
口座に対し販売金額の設定と商品ごとのバーコードを登録するだけ。

02

プリンターを搭載しているので、レシート機能を使えば商品を購入したお客様に領収書の発行が可能。
購入証明を出すことでトラブルの発生を減らします。

03

扉のない特殊な構造を採用しているので、壁の埋め込み設置が可能。
店内のスペースを確保でき、また前面扉でないことで防犯性を高めます。

無人精算機USC-S387
  • 7 inchの液晶タッチパネルモニタ
  • スピーカーによる音声案内
  • 新500円硬貨対応
  • 32口座まで商品登録が可能
  • 売上管理機能/ 売上記録のレシート印刷

オプション

購入者数カウント機能追加 / 在庫管理機能追加 /
電子決済機能追加 / 筐体上部パネルのデザイン変更 / etc...

「こういう機能がほしい!」との希望があればお気軽にご相談ください!

画面デザイン
Display design

金額を大きく表示し認識しやすいサイズ感。ボタンも大きくタッチしやすいデザインで、操作性を向上。また音声ガイダンスと合わせることでユーザビリティを高めています。

これらのデザインは一例になります。お客様のご要望に応じてデモ画面に商品の写真やロゴを入れるサービスをご用意しております。

ディスプレイデザイン ディスプレイデザイン ディスプレイデザイン ディスプレイデザイン ディスプレイデザイン
無人精算機使い方 無人精算機使い方

使用用途
Use

使用用途イラスト 使用用途イラスト

無人店舗の精算用に

  • 冷凍餃子など冷凍食品の無人販売所
  • たまごの無人販売ロッカー
  • オフィスコンビニ
  • など用途多数

有人店舗の精算用に

  • 1000円カットのセルフ精算機

導入事例
Examle

導入事例01

船直マグロ無人直売所

生マグロ・冷凍マグロの無人直売所に導入いただきました。無人販売所ではよくある「賽銭箱スタイル」と違い、管理者にとっては人件費や売上管理の負担軽減、お客様にとっても購入時に商品の販売価格ぴったりの手持ちがなくてもおつりが出てくる利便性の良さを感じていただいております。

製品仕様
Specification

品名 USC-S387
機能 バーコード方式
口座 32口座
使用紙幣 千円(最大4枚まで)
使用硬貨 500円, 100円, 50円, 10円 
※新500円硬貨対応
払出硬貨 500円, 100円, 50円, 10円 
※新500円硬貨対応
入金金額 10~9,000円
表示部 / 操作部 7インチ タッチパネル式モニタ
バーコードリーダ 1・2次元バーコード
プリンタ SK1-221SJ2
重量 81kg ※硬貨を除く
使用電源 AC100V±10V(50/60Hz)
消費電力 待機時20W, 定格(最大)43W
使用環境 屋内, 温度0℃~35℃, 湿度20%~90%RH(結露なきこと)
外形寸法 W387.6×H1,480×D360(mm) 
※転倒防止板を除く
転倒防止板 W412×H8×D488.6(mm)
外形寸法
構成
無人精算機写真

関連製品
Related product

USC-T370

卓上型のセルフ精算機です。
USC-S387と機能はほぼ同じですが(プリンタのみ外付け)、 奥行15cmとスリムなボディ・お求めやすい低価格を実現しました。
低額紙幣タイプ(USC-T370)と高額紙幣タイプ(USC-T530)の2種類からお選びいただけます。

〉 詳しくはこちら

製品についての詳細や導入費用などお気軽にお問い合わせください。