製品・サービス

スポット保守Maitainance Services

年間保守契約がない場合には、障害発生時にお客様からのご要請により、センドバックサービスまたは、技術者を 派遣するオンサイトサービスを選択していただいてから、その都度有償で修理を行います。

ただし、年間保守契約と違い、交換用の部品等の在庫を保持しておりません。交換が必要な場合は、部品の手配を行いますので、日数や費用が余分にかかってしまいます。ご了承ください。

部品代や修理時間が掛かる場合がありますので、症状を聞いて部品交換が必要か判断し概略のお見積りをします。また、コインメックやビルバリに原因不明のトラブルが発生した場合には、必要に応じてメーカー様に解析を依頼いたします。修理完了後、請求書を発行いたします。現金にてお払いをお願いいたします。

スポット保守の作業日程について

平日 10:00 - 17:00の間に作業を行います。(お申込受付時間:平日 10:00 - 12:00 / 13:00 - 17:00)

土曜日・日曜日、祝祭日、お盆休み、当社規定の休日、年末年始は除外いたします。

センドバック対応

 障害発生時には予め当社から梱包材のみを送付します。送付された梱包材を利用してお客様ご自身で障害機を 梱包していただき、宅配便(小型筐体)にて当社宛に送っていただきます。  機械が到着しましたら、見積金額で修理可能か確認します。見積金額を上回るようであれば、ご連絡の上、修理 させていただきます。 修理後、請求書を送付いたします。 入金確認後、機械を宅急便(小型筐体)にてお客様へご返却いたします。 動作確認後、空箱を着払いにて返却していただきます。

  • 修理作業費:有償
  • 梱包材、運送料:有料
  • 交換部品:有償
  • 外貨両替機紙幣識別ユニットのアップデート:有償

オンサイト対応

 障害発生時には現地へ訪問し、サービスを実施します。 (注意:現地での修理が不可能と判断した場合は、障害機 もしくは故障した部品やユニットを引き上げ、修理完了後に再設置します。)

  • 修理作業費:有償
  • 出張費:有料(交通費、宿泊費)
  • 交換部品代金:有償
  • 外貨両替機紙幣識別ユニットのアップデート:有償(ただし交通費、宿泊費は実費)

スポット保守センドバック料金には、修理作業費の他に部品代金や梱包、運送費等がかかります。
スポット保守オンサイト料金には、修理作業費の他に部品代金や交通費、宿泊費等がかかります。
注意:障害発生時の原因に関する報告書の作成、修正処理等の費用は含まれていません。

対象機種と料金について

●修理作業費(有償)

部品交換、及び診断(メンテナンス)料金 3時間以内
課金筐体、自動発券機、両替機 50,000円 ~
ICカード用チャージ機や精算機、自動券売機、外貨両替機 80,000円 ~

●外貨両替機

偽造紙幣対策費 3時間以内
紙幣識別機(ユニットのみ)のアップデート 30,000円 ~

●オーバーホール

オーバーホール料金 期間約1.5ヵ月
リサイクルビルバリ(BCA-200/210) 200,000円 ~
リサイクルビルバリ(AD-1-2/4,NBX-M400) 150,000円 ~

●システム関連

サービス 1回
既存システムのご相談と診断(メンテナンス)、技術サポート料金 50,000円 ~
ログ解析料金(CBEZマネージャ、外貨両替機) 8,000円 ~
コインメック、ビルバリの解析 8,000円 ~

(例) オンサイト対応で、CB-BOX-SLIM のコインメックを交換した場合の料金
  合計料金=修理作業費 5万円~(3時間以内)+交換部品代(※2)5.3万円+交通費+宿泊費
(例) センドバック対応で、CB-BOX-SLIM のコインメックを交換した場合の料金
  合計料金=修理作業費 5万円+交換部品代(※1)5.3万円+梱包材、運送料
 (年間保守ご契約の場合は、36,000円/年に交通費+宿泊費になります)

※ 時間外対応については別途見積りのうえ対応。 詳細については、お問い合せください。
※1 保証期間中は部品代のみ無償となります。

注意事項

製品によっては年間保守契約をお受けできない場合がございます。お客様ご自身や非公認の修理や改造の痕跡があった 場合や、製品の誤った使用、不適切な使用等に起因する運用結果が認められた場合等につきましては、製品保証や保守サービスの対象外となるだけでなく、弊社は責任を負いかねますのでご了承下さい。

※対象機種、及び契約料金につきましては、予告なしに変更する場合があります。